50代女性の薄毛の原因と治療法!処方薬の注意点

女性が薄毛を気にしだすのは40代前半が多いと言われています。働く女性を対象にした調査では、「自分は薄毛である」と悩んでいる女性は、40代になると21%です。

評判通り?ニューモ育毛剤の本音口コミと効果をレポートします!

さらに年齢を重ねた50代になると、25%の女性が薄毛の悩みを持つようになります。しかし、薄毛対策に費やすお金は若い女性ほど多くありません。「年齢だから仕方ない」という思いからでしょう。

50代になって女性が薄毛に悩まされる理由は、女性ホルモンのバランスが乱れるためです。50代になると、多くの女性は閉経を迎えます。閉経を迎えると、エストロゲン量は急速に減少します。エストロゲンは、髪の毛にハリやコシを与える効果があるので、エストロゲン量が減少すると、弱くて細い髪の毛になります。そして、髪の毛の成長が遅くなります。

エストロゲン量が減少することで、男性ホルモンの濃度が相対的に高くなります。男性ホルモンの濃度が高くなることで、中年女性は男性と同じメカニズムで薄毛が進んでいきます。

中年女性の薄毛治療では、男性ホルモンを抑える効果がある薬が処方されます。「スピロノラクトン」という薬です。スピロノラクトンは利尿作用がある薬なので、尿量が一時的に増える可能性があります。クリニックで薄毛治療を受け、スピロノラクトンを処方された際は、尿量の増加に注意して、気になるときは医師に相談しましょう。