ダイエットには、食事の管理が大事です。

 ダイエットをしようと思ったのは、内臓脂肪量が心配になったからです。腹囲はそれほど大きくなく、痩せて見られることもあります。でも、血液検査を受けると、コルステロールや中性脂肪の数値が高く、内臓脂肪もあるようでした。そこでダイエットをしたいと思いました。内臓脂肪を減らすためにしたことは、次の3つでした。

1つ目は野菜を食べること、2つ目は食事の時間を守ること、3つ目は起きる時間を決めて朝の排便習慣を付けることです。

グラマラスパッツは効果あり?

1つ目の野菜を食べるのは、比較的簡単でした。コンビニの千切り野菜にオリーブオイルをかけて食べてから、いつもの食事をするようにしました。オリーブオイルを使うことで、排便もスムーズになったように感じます。

2つ目の食事の時間を守ることで、急激に血糖値が上がらないようにしたいと考えました。食べる量を加減することも大切ですが、3食バランスよく、きちんと食べるようにしました。

朝の定番はバナナとおにぎりとレトルト味噌汁でした。昼はコンビニ野菜と食事、夜もコンビニ野菜を最初に食べることが多かったです。食事をきちんととるようにしたら、間食が減りました。

どうしても間食を取りたくなったときは、トマトジュースやチーズを食べていました。

糖質の少ないものの方がいいかなと思ったからです。食事をきちんととると、お通じはいいのですが、排便の時間が決まりませんでした。朝、すっきりしたいので、朝起きたらお白湯を呑むようにしました。お白湯を呑んで朝食をとり、運動がてら部屋の片づけをするとおなかが動いて便が出るようになりました。朝ごはんを食べないと便は出ません。食事は大事だと思いました。

この3つを生活習慣として頑張った結果、半年で体重は4キロほど減り、中性脂肪の値も改善しました。食事の大切さを感じた半年でした。