洗顔と保湿ケアで肌荒れ予防

ニキビができたり肌がボロボロだったりする原因は意外にも洗顔が原因だったりもします。

特にこの時期は、汗や皮脂などで毛穴が詰まりやすい上に最近ではマスクの着用で口の周りが不織布などで毛穴が詰まるという事態が起きていることもあり肌が荒れやすくなっているのです。

そこに洗顔を怠っているので、肌が炎症起こして肌荒れが酷くなるのです。http://nutanix-event.jp/

ここまで来ると病院での治療という事になるのですが、それを予防するためにはマメな洗顔と保湿ケアが必要なのです。

適切な洗顔の回数は朝と夕方にそれぞれ一回 でいいのです。

例えば朝起きてすぐに顔を洗い、そして夕方帰ってきてからお風呂のついでに洗顔をする。

これだけでも肌への負担が大分変わりますし、朝は保湿ケアにプラスして紫外線対策して夕方帰宅して入浴後に徹底的に保湿ケアをするのもいいと思います。

大事なのは洗顔の時にしっかりと汚れを落とすことです。

しっかりと汚れを落とすことで、毛穴に詰まった皮脂汚れやメイク汚れや不織布取り除いておけば後の保湿ケアもしっかり浸透していくので肌荒れにも効果があるのです。

何よりも大事なのは洗顔後すぐに保湿ケアを行うことです。

洗顔後すぐの肌は毛穴が開いており、肌が浸透しやすくなっているのでここで保湿ケアをやっておけば保湿効果が高まります。