ゴートミルクは栄養面が抜群!ダイエット効果も?

ゴートをご存知でしょうか。ゴートはヤギのことであり、ゴートミルクとはヤギの母乳、すなわち山羊乳。

日本ではミルクといえば牛乳です。欧米圏では比較的ポピュラーな乳製品ですが、ヤギのチーズもあります。

ゴートミルクは美容にとても良い効果があると注目されています。

http://www.sakae-ya.com/

欧米型の食事は年々日本でも主流になり、チーズの消費量も増えています。しかし、日本では多くのチーズが陳列されていますが、ほとんどは牛乳が原料です。牛のミルクを使用している乳製品に関しては、乳糖不耐症や前立腺ガンの懸念などもあり、必ずしも健康に良い面ばかりではないのです。

原因わからず体調不良を引き起こしていたのが牛乳だった!なんてこともあります。それでもチーズを食べたい人もいます。欧米では日本とは違い比較的に手に入りやすい山羊のミルクが原料のチーズがあります。そこで山羊のチーズが良いとされる理由とは?

山羊乳は、栄養面が凄い!

ミルクと言えばカルシウムを多く含んでいる印象がありますが、それ以外の栄養素も豊富に含んでいます。牛乳の種類によって差があり、山羊乳は牛乳と比べてみると、たんぱく質とカルシウムが豊富でありビタミンCも含まれているため、ダイエット中に嬉しいのは炭水化物が低いことです。

山羊のチーズには中鎖脂肪酸?

山羊のチーズには質が良いとされる脂肪酸、中鎖脂肪酸が入っています。実は牛乳よりも多いのです。これらの中鎖脂肪酸は急速に分解されるため、体内に吸収されないため、脂肪として蓄積されにくいのに、満腹感も得られるため、ダイエットになります。

また、さまざまな免疫機能に効果がある共役リノール酸(CLA)。これも山羊のミルクの方が牛乳より多く含まれており、この共役リノール酸にもダイエット効果があります。

山羊のチーズは腸内環境にいい

山羊のチーズには、オリゴ糖という腸内細菌の餌になるプレバイオティクスがあります。牛のチーズよりも4?5倍もの量が含まれています。腸管内でのラクトバチルス・ビフィズス菌の増殖を促進します。そのことで腸内フローラ構成をバランス良く改善します。このオリゴ糖が、腸の炎症を抑えることができるため、傷ついた大腸粘膜の回復もできます。

また、山羊のミルクの脂肪球の大きさが牛乳よりも小さいため、消化が良く下痢を起こすことがなく、体内での脂質代謝がより効率的になり痩せやすい体になります。